FC2ブログ

無料オンラインゲーム『百花繚乱Endless Battle』。 そのノベライズとそれに関することを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第91話『絆との約束』

「ふぅ、今日も疲れたぜ」

校舎内にある用務室。

そこで寝泊りをしている羅印は、冷蔵庫から缶ビールを取り出しテーブルの前に座った。

リモコンでテレビをつけ、缶のプルタブを開けてからそれを一気に飲み干した。

1日の仕事を、この一時のためにしていると言っても過言でない羅印。

そのためもあって、顔は普段見せないような微笑みを浮かべていた。

そして、更にもう1本飲もうと冷蔵庫に手を伸ばそうとした時であった。

トントン

唯一の出入り口であるドアからノックの音が聞こえてきた。

「ん?はいはい」

すぐに立ち上がり、羅印はドアを開けた。

「お疲れ様です」

開けたドアの先には、犬彦先生が立っていた。

「お、いらっしゃい。どうしたんですか?」

酔いながらも、先生相手の話し方を忘れずに問いかけた。

「硬くなんなくてもいいですよ。今日は・・・ただ一緒に呑みたいだけですから」

そう言って犬彦先生は手に持っていた一升瓶を持ち上げ、それをアピールした。

「・・・いいですね、とりあえず入ってください」

笑みを浮かべつつ、羅印は犬彦先生を中に招き入れた。

その後の羅印の行動は早かった。

すぐさまコップを2つ用意し、更にツマミとしてスルメを取り出し、2人の真ん中に置いた。

時間にして30秒足らず、そしてすぐさま2人の呑みは始まった。

「・・・アンタがこっちに来るなんて珍しいな。相方さんはどうしたんで?」

酒が入っている上に硬くなるなと言われた羅印。

発せられる言葉は自然とタメ口になった。

「他の女性陣と一緒にお食事だってさ」

「なるほど・・・仲が良くていいことだな」

ここまで言ってから、再び2人は酒を一口呑んだ。

「・・・なぁ先生、アイツらの動きってどうなってんだ?」

「・・・知ってたか」

「すんませんな。前に先生達が集まって話し合っているのを聞いちまって」

顔を赤くしながらも、羅印の目は真剣になっていた。

「あの時か・・・。いつかは知られちまうことだ。気にすることはない」

「で、どうなんだ?」

「・・・今のところ派手に動いてはいない。だが、そろそろ動くだろうな」

「だな・・・あのサッカー部の件も、あいつが仕組んだんだろ?」

「十中八九そうだな。アイツ以外に考えられない」

「・・・・・」

「・・・・・」

しばらく、2人は深く考え出した。

「・・・下手したら、俺達もタダじゃ済まないかもな」

沈黙を破るかのように羅印が口を開いた。

「あぁ。だが、俺は死ぬわけにはいかない」

「何を当たり前なことを言っているんだ。当然だろ?」

「・・・俺には生きなきゃいけない理由がある」

そう言って、犬彦先生は懐からあるものを取り出し、それを羅印に見せた。

「それは・・・まさか!?」

それを見た羅印は驚きを隠せなかった。

「コイツを渡すまで、俺は・・・絶対に死ぬことは出来ない」



いつもの放課後。

また体育館で俺達は練習をしていた。

だが、いつものように相手は目黒ではない。

「ハァァッ!!」

「発射!!」

相手は渋谷と五反田。

それを・・・

「援護を頼む!」

「分かった!」

俺と目黒で迎え撃った。

まず、俺と渋谷が接近戦でぶつかった。

俺には渋谷の攻撃と同時に五反田からの援護射撃が。

渋谷にも俺の攻撃に加え目黒からの砲撃が飛んできた。

やりあっているうちに、渋谷も五反田も成長しているのがよく分かった。

渋谷の攻撃には最初のころに比べ隙は少ないし、五反田の射撃も正確になっていた。

特に渋谷には・・・

ブゥン

前の戦いで身につけた、残像を伴った移動。

俺の攻撃を避けるだけでなく、隙まで作ってしまう恐るべき手段だ。

おそらく、今ので俺の背後に来たはず、だから

「甘い!」

拳同士をぶつけ、そこから『遠雷』による雷雲を発生させた。

これで渋谷の動きを止めたはずだ。

だから俺はその間に五反田の下へ駆けていった。

だが、そんな俺に対して五反田は

「『JSAモード』起動!!」

既に俺の行動を読み、既に『砕かれた世界』を構えていた。

これは・・・防ぎきれない。

そう感じた俺はそのまま跳んだ。

この行動で五反田の射撃は避けたが・・・

「ハァァ!!」

そんな俺を待ち構えていたのは、俺と同じく空中に跳んでいた渋谷であった。

ここは迎え撃つしかない。

そして次の瞬間、俺と渋谷の拳が交わった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ラジオ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。