無料オンラインゲーム『百花繚乱Endless Battle』。 そのノベライズとそれに関することを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第70話『警戒態勢』

「・・・話はこんなものだ」

「・・・・・」

会長の話が終わった後、俺はすぐに何か言うことは出来なかった。

1年前に、そんな壮絶なことが起こっていたなんて、想像も出来なかったからだ。

だけど、いくつか疑問は残る。

「でも、何で新橋はその組織に?」

「・・・あいつは、あの戦いで自分が無力だって思い込んじまったんだろうな」

「え?」

1年前とはいえ、あの神田さんと互角にやりあえた人が無力だって?

「あの時・・・目白さんを前に出さないほどの力があったら死ぬことはなかった、そう考えちまったんだろうな」

だから、あれほどまでに力を欲していたのか。

だけど・・・

「・・・間違ってますよね、それ」

これが俺が思った率直な感想だ。

「あぁ。だからこそ止めなきゃいけないんだ、アイツを・・・。だけど、目黒はそれでいいのか?」

「え?」

いきなり話を振られた目黒は驚きを隠せなかった。

「・・・このままだと、新橋と真正面からぶつかっていくことになる。お前ももしかしたら」

「会長」

会長の言葉を目黒は重ねる形で遮った。

「そんなの関係ありません。いつか止めなきゃ、私のような人が増えるだけで・・・それに」

「それに?」

「止めることが、目白さんのためになると思いますから」

「・・・あぁ、そうだったな。変なことを聞いてすまなかったな」

「いえ、いいんです」

やっぱり、目黒は強い心の持ち主だ。

改めてそう思わせる一言だった。

「・・・さて、2人とも、さっき俺がここに来る時、入り口に立ち入り禁止の看板を立てておいた」

「・・・え?」

どういうことだ?

「・・・全力で、お互いに隠すことなく練習出来るぞ」

「・・・なるほど、そういうことですか。では、お言葉に甘えて」

その一言と同時に、俺は・・・

キィィィィィン

瞳の奥で音を感じると共に『覚醒』に。

すると目黒も

カァァァァァン

輝く翼を出して『天使』状態になった。

「よし、始めるか」

「うん」

そしていつものように練習を開始した。



「・・・またこの面子が揃うことになるとはな」

開口一番、犬彦先生がそう言った。

『百花高校』の1つの会議室。

そこに犬彦先生を始め、蝶子先生、音無先生、照先生、日晴先生。

それにこの2学期から赴任してきた5人の教師が机を囲む形で座っていた。

「5人とも、今まで何してたの?」

蝶子先生がその5人にそう質問した。

「私は・・・ちょっと戦線に突っ込みすぎちゃって、中々帰れなくてね」

笑いながら女教師の縫先生は言った。

「ちょっと、燃え尽き症候群になっててな・・・何もする気になれなかった」

全く表情を変えないまま男性教師の坂東先生は言った。

「何もする気になれなかったて、それはいつものことだろ?」

「・・・違いねえ」

日晴先生からの指摘に、坂東先生は笑って答えた。

「俺は・・・ちょっと言うことは出来んわな」

苦笑いしながら男性教師の田中先生は呟いた。

「どうせ、ろくでもないことしてたんでしょ?」

「黙秘しておく」

蝶子先生からの質問に田中先生はそう答えた。

「私は~・・・ちょっと故郷に戻ってたわ」

のんびりした口調で女性教師のらむ先生が言った。

「・・・まさか、あのままずっといるつもりだったのか?」

「どうだろうね~」

音無先生からの追求をらむ先生は軽く受け流した。

「俺は変わらず、ずっと戦線で暴れていたですぅ」

見た目からは全く想像出来ないしゃべり方をする男性教師、翡翠(かわせみ)先生はそう答えた。

「・・・アンタは相変わらずだな」

「う、うるさいですぅ」

照先生からの指摘に翡翠先生は反論した。

「・・・で、何で俺達はまた集められたんだ?」

坂東先生が率直な疑問をぶつけた。

「・・・あいつらがまた動き出したぞ」

「何?」

音無先生の一言に、田中先生は反応を見せた。

「・・・4年ね、あれから」

何かを思い出すかのように縫先生が呟いた。

「あぁ。おそらく、ここが狙われてもおかしくない。だからそれに備えるために・・・な」

「だね・・・納得」

らむ先生の一言に、全員頷いた。

その会議室の外で話を聞いていた羅印は

「・・・やっぱり、な」

と呟いた後、帽子を被りながら外に出て行った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ラジオ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。