FC2ブログ

無料オンラインゲーム『百花繚乱Endless Battle』。 そのノベライズとそれに関することを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第69話『決別の時』

廃工場が壊滅して3日が経った。

その一件から初の定例会議のため、放課後の生徒会室にメンバーが集まっていた。

しかし、廃工場に参加したメンバーは誰もいなかった。

会長である牙津も、照先生と犬彦先生と共に現場検証のため欠席していた。

それに加え、他のメンバーも全員浮かない表情でいた。

「・・・大崎、池袋と新橋、今日見たか?」

その空気を振り払うかのように神田が口を開いた。

「・・・イヤ、朝から見ていない」

「そうか・・・目黒を今日見たやつ、いないか?」

神田のこの問いに、全員首を横に振る形で返答した。

「・・・そうか。もっとも、無理はないか」

この後に神田が言葉を続けることはなかった。

「今は・・・そっとしておいてあげましょう。そのうちきっと来るって」

大塚がそう言った、その時であった。

「こんにちはー」

そう言って生徒会室に入ってきたのは、まさに話題に上がっていた目黒だった。

「め、目黒・・・大丈夫なの?」

流石に予想もしなかったからであろう、田町がそう聞いた。

「はい、ご心配かけてすいませんでした」

いつもの笑顔のまま目黒は頭を下げた。

「・・・本当に大丈夫なのか?」

品川が疑問を浮かべながらそう聞いた。

「はい、最初は立ち直れそうにもなかったんですけど・・・」

「けど?」

「ウチの小さい子達は目白さんが大好きだったから、きっとそれ以上に寂しい思いをしているは

ずですし、

これ以上子供達にそんな思いをさせちゃいけないって。だから、私だけでも・・・」

そう言っている目黒の目が、次第に涙で潤んできた。

「・・・目黒、無理しなくていいんだよ?」

「え?」

大塚の一言に目黒が反応した。

「私達は・・・目黒がいつも頑張って、努力して、たまにそれで自分自身傷つけてるの知ってい

るから」

「そんな、そんなこと」

目黒の一言を遮るように、田町が立ち上がって抱きしめた。

「だからさ、ここでは強がらずに私達を頼って・・・ね?」

「・・・は・・・はい・・・ウワァァァァァァァ!」

ついに目黒はそのまま泣き崩れてしまった。

その生徒会室のすぐ外では、蝶子先生が途中から様子を見ていた。

「・・・今は言いにくいな、これは」

そう呟いた蝶子先生の手には、1つの封筒が握られていた。



『百花高校』近くの河川敷。

そこに、昼近くになって登校しようとする池袋の前に、

「また重役出勤か?」

と皮肉を言いながら新橋が突然立ちふさがっていた。

「・・・そういうお前こそ、この時間に何でここにいるんだ?授業もう始まっているだろ?」

「・・・・・」

「それに、ここ最近お前アパート帰ってきてないが、どうしたんだ?」

質問を立て続けにする池袋に対して、新橋は

「さっき退学届けを出してきた」

突如そう言い放った。

「・・・どういうことだ?」

「こういうことだよ」

新橋はそう言ってから左腕に付けているリストを見せた。

それは、『百花高校』で支給されるものではない上に、液晶が赤く光っていた。

「強化の危険性は授業で習ったろ?忘れたのか?」

「あぁ、覚えているさ。だが、それよりも安全で確実な強化があるの、お前は知ってるだろ?」

「・・・『E計画』か」

「あぁ。調べていて知ったよ。お前、既にこの件で絡んでいたんだな」

「だったら何だ?」

今まで見せたことのない、不機嫌な顔を池袋は見せた。

「・・・お前とはしっかりと決着をつけたいところだった」

すると新橋は『蒼天の剣』を具現化させた。

「・・・この場で戦えって言いたいのか?」

「言わなくても、そうさせてやるよ」

「・・・言われなくても、やるつもりさ」

すると池袋はすぐさま認証リストに『EB-ID』を差込み、ログインした。

「だが、後悔するなよ・・・?」

その一言と同時に、戦闘が始まった。



「ガ・・・ハ・・・」

僅か5分もしないうちに、勝敗は決した。

新橋が自力で立てなくなるほどにダメージを負う形で。

一方の池袋は、全くの無傷だった。

「・・・少し、反省しておけ。まだ引き返すことは出来るんだからな」

その一言を放ってから、池袋はその場から歩き出した。

「ま・・・待て・・・」

そう言って後を追おうとする新橋だったが、それは叶わなかった。



そして、2人は廃ビルで再会するまで顔を合わせることはなかった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ラジオ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。