FC2ブログ

無料オンラインゲーム『百花繚乱Endless Battle』。 そのノベライズとそれに関することを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61話『真実への始まり』

「体の負担が軽く?」

「うん、それぐらいしか覚えてない・・・」

いつもの体育館。

今朝は始業式が行われていたが、昼になった今は特に誰もいない。

ちょうど部活で使うところもないようなので、いつものように蝶子先生に言って使わせてもらうことにした。

いつもだったらすぐ練習に入るところだが、今日はその前にやることがあった。

ここに来る前に生徒会室に立ち寄ったのだが、珍しく来ていた会長から俺と目黒にコレを渡されたから、その設定をしている。

渡されたのは・・・あのスライド式の携帯電話。

新橋にあそこまで関った以上、いつ襲われてもおかしくない。

そう言われたので、目黒と一緒に設定をしながら話していた。

周りには誰もいなく、心置きなくこの話題が話せた。

「じゃああの時も・・・訳も分からないまま戦った感じ?」

「そうね・・・もう無我夢中だった。それでいつの間にか気を失って、目が覚めたら布団の中で・・・」

あの後、周りに怪しまれないよう目黒の非戦闘状態からの自然ログアウトを待ってから、代々木に頼んで女子部屋に運んでもらった。

俺も会長も、何事もなく他のメンバーと合流出来たし、あの浜辺での出来事は気付かれていないらしい。

だが、俺にはそれよりも気になるのは、あの時目黒に起こったことだ。

「結局・・・体の負担が軽くなる、それがあの状態の効果なのか?」

「ああ、その通りだ」

突然後ろから声が聞こえてきた。

振り向くと、そこには会長がいた。

「会長・・・あの状態が何かご存知で?」

目黒が疑問を浮かばせながら聞いた。

「ああ、あの状態は『天使』。最近確認されたばかりの現象なんだが、まさか目黒がその適合者とはな」

『天使』・・・なるほど、あの羽は確かにその通りに見える。

しかも、目黒は小柄な体にも関らず、負担の大きい『ジャンクション』のような武器をよく使う。

相性はバツグンだ。

「それよりも・・・ソイツの設定、出来たかい?」

「あ、はい!」

もうほとんどの設定が俺も目黒も終わっていて、あとは実際に使えば確かめればいいだけだ。

なので、コレを持って立ち上がった。

まぁ、設定といっても、大したことはしていない。

ケイタイの裏側にあるカードスロットに『EB-ID』を入れる。

その後、生徒それぞれが独自に設定している数字数桁によるパスワードを入力し、『EB-ID』を排出。

それが終われば、あとは

「EB、ログイン!」

いつもの要領で叫びながらそれを右手で思いっきり閉じるだけ。

その瞬間、俺達2人ともログインが完了した。

その完了までの早さ・・・とても並じゃない。

「このログインの早さ・・・やっぱりスゴイですね」

つい思ったことを口にした。

「そりゃそうさ、それを特化するためにその形状になったんだからな」

俺のそんな疑問に会長が口を出してきた。

「え?」

「元々のログインの仕組みは、認証リストが差し込まれた『EB-ID』の情報を読み込んで、それから対応したサーバ・・・俺達の場合、学校に設置されているサーバからデータを呼び出すんだ」

「は、ハァ・・・」

「だから、元々リストよりも通信機能が発達しているケイタイなら、それが更に早く実現できる、そういうわけだ」

「わ・・・わざわざ説明ありがとうございます」

さすがは会長、神田さんを抑えて学年トップというのも頷ける。

とにかく、これでいつ新橋に襲われても戦わずに死ぬってことはないだろう。

・・・この際、いっそのこと聞いておこう。

「会長、一体新橋は何でああいう風になっちまったんですか?」

「ん?・・・あぁ、そのことか・・・」

俺の問いに会長は頭を掻きながら、チラッと目黒の方を見た。

「・・・私ならいいですよ。むしろ、上野君には知っておいてもらいたいですから」

そんな会長にすぐ気付いた目黒はそう答えた。

「・・・いいだろう。でも、聞いたからにはもう戻れないぞ?」

「もう、聞く前から戻れません、そうでしょ?」

ハッキリと核心をついてみた。

「だな、じゃあ、話そうか・・・とりあえず、座ろう」

そう言われたのでほぼ同じタイミングで座った。

「あれは確か・・・去年の今頃だったな」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ラジオ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。