FC2ブログ

無料オンラインゲーム『百花繚乱Endless Battle』。 そのノベライズとそれに関することを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第54話『違法な力』

「よぉし、一抜け!」

「ちょっとー、英語上がりは無しでしょー!?」

部屋の傍らで、バスでやっていた大貧民と同じ要領でウ○が行われていた。

・・・あれも地味にローカルルールが存在したりするんだよなぁ。

見ていても、やはりそれで色々と揉めている風にも捉えられる。

俺は夏休み直前に神田さんから手渡された近距離戦の心得が書かれた本を読んでいた。

読めば読むほど、この奥の深さがよく分かる。

と、感心しているところに

ブゥゥゥゥゥゥン ブゥゥゥゥゥゥン

ケイタイが震えだした。

液晶を見ると、会長からのメールだった。

メールを開いてみると、

『昼間いた浜辺に来てくれ』

という短い一文だけ書かれていた。

そういえば、さっき来たメールには誰にも気付かれないように、って書いてあったな。

今部屋にいるのは俺を含めて田町さん、渋谷、五反田、それに品川さんだ。

目黒は今風呂に入っているようだ。

目黒・・・風呂・・・

いかん、イヤなことを思い出してしまった。

それはともかく、品川さんは読書、他の3人はウ○に熱中。

・・・出るなら今だな。

俺はそっと立ち上がり、部屋を出た。

一応服装は私服、前の一件もあるからリストと『EB-ID』は所持しておくことにした。

『EB-ID』を入れる場所は・・・胸ポケットが妥当か。

外に出てみると、既に陽は沈み、辺りは真っ暗だった。

時刻は夜9時、当たり前のことではある。

この宿から浜辺までは一直線、迷うことはない。

すると、遠くの方から

ドォン・・・

という音が僅かながら聞こえてきた。

そういえば、夜の部の内容は暴走族の鎮圧とか言っていたな。

どうやら、それが何事もなく行われているようだ。

と考えているうちに、浜辺に着いた。

周りを見渡して、会長の姿を探してみるが、見当たらない。

暗いというのもあるが、まさかここまでとは・・・。

「よく来たね」

突然後ろから声が聞こえてきた。

驚きながらも振り向くと、会長と代々木がいた。

「ど、どうも・・・で、一体どうしたんですか?」

挨拶すると同時に早速本題に入らせてもらった。

「・・・前に言われた聞きたいこと、この場で色々答えてあげようと思ってね」

いつもの微笑を浮かべながら、会長は答えた。

とにかく、あの時色々と疑問は残った。

この際だから・・・

「・・・じゃあ、色々聞かせてもらいます。まず、あの組織って、結局のところ何なんですか?」

俺が会長から聞いた話だと、『異星人に地球を襲い掛かるよう仕向けている組織』としか分からない。

でも、それ以外にも何かある、俺にはそう考えられた。

「基本的には前にも言ったとおり、地球に対して裏切り行為を行っている組織だ。だが、他にもう1つの顔がある」

「もう1つの顔?」

「・・・違法な『エンドレスバトラー』への実験だ」

「違法な?」

何をもって違法なことか、詳しくは分からないが良いことをしているとは思えない。

「上野君、君はたまに相手の動きをスローで捉えられたり、狙うべき場所が分かるときがあるらしいね」

「あ、はい・・・」

野球部との再戦、それに異星人の巨大ロボットとの戦いの時になったあの状態のことか。

「一部の『エンドレスバトラー』にだけ、そのような状態になることがあるらしい。これを一部では『覚醒』と呼んでいる」

「『覚醒』・・・ですか」

俺自信でもよく分からないあの状態。

急に言われても、正直何といっていいか分からない。

「その組織はな、その状態を人工的に作り出しているようだ」

「人工的に?」

「薬物投与や遺伝子操作は当たり前、直接的な肉体改造もしているらしい」

「!?」

とてつもない単語の連続に、戸惑いは隠せなかった。

違法以前に、人道的な問題だ。

「実は昔、これらのことを軍がやろうとしていたんだが、実行前に上層部にばれて、その関係者は全員追い出されたらしい」

「追い出された?」

軍でこれらのことをしようとしていたのもどうかと思うが、当たり前といえば当たり前だ。

「その時、既にこの実験計画の名前は付けられていたんだ」

「名前?」

「『エクステンデッド・プロジェクト』・・・通称『E計画』」
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ラジオ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。