無料オンラインゲーム『百花繚乱Endless Battle』。 そのノベライズとそれに関することを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36話『傷ついても』

「EB、ログイン!!」

突如、その場にいた者全員の思いもしない方向から声が聞こえてきた。

その声の方を向くと、そこにはログインし、『砕かれた世界』を構えた五反田がいた。

そしてすぐさま引き金を絞り、レーザーを放った。

いくつにも拡散されたレーザーはサッカー部員それぞれに向けて一直線に走った。

一見無茶苦茶に見える五反田の行動。

だが。

ピィィィィィン

「!?」

サッカー部員全員、何かしらの防具を取り出し、それを防いだ。

無論、ダメージなどない。

「ふぅん、君も生徒会かな?」

「・・・だとしたら何ですか?」

決していつもの礼儀さを崩さぬまま五反田は答えた。

「なら、少し黙っててくれないかな?俺達、男に興味はないんだ」

「・・・そうはいきません、不正ログインにより、生徒会特権で取り締まらせてもらいます」

「そうか・・・なら」

長髪のサッカー部員が何やら手で合図をすると共に、他のサッカー部員も構えた。

「ゆっくり相手してあげることにしようか」



「クソー・・・どこにいるんだ・・・」

生徒会室を飛び出して、既に10分は経つ。

だけど、あの3人はモチロン、五反田の姿も見えない。

この河原の歩道は、特に遮蔽物はないから姿はすぐに確認出来るはずなんだが・・・。

一体、どこへ・・・。

パァァァァァン

「!?今のは・・・」

間違いない、五反田の『砕かれた世界』の発射音。

だが、辺りを見渡してもそれらしい影は見当たらない。

となると、どこか姿が見えない場所・・・。

そんな場所・・・とてもじゃないが見えない。

と、今の俺の足元を見た。

俺が立っている場所、それは橋・・・。

「まさか・・・!?」

気が付くと、俺は走り出していた。

歩道の上から橋の下が目視出来る角度を確保出来る場所まで。

すると、確かに見えた。

サッカー部員に捕まっている目黒達3人と、サッカー部員にリンチを受けている五反田の姿が。

このまま静観する理由、そんなものは・・・ない!

「EB、ログイン!!」

ログインの完了と共に、俺は、駆け出した。

そんな俺にサッカー部員達も気付いたようだが、遅い。

まず、手には『遠雷』を纏わせ、そして集団に切り込む直前に拳同士をぶつけた。

そして雷雲を発生させ、怯んだ隙に捕まっていた3人はもちろん、五反田も助けた。

ついでに雷雲か抜け出した直後に

「迸れ!!」

雷雲に電撃を流した。

これで万事解決になるとは思えないが、時間稼ぎにはなるだろう。

「皆、大丈夫か!?」

「わ、私達は大丈夫だけど・・・それよりも五反田君が・・・」

目黒の一言で、五反田を見た。

全身痣だらけな上、服の所々が破れ、出血もしている。

いくらログインしていると通常以上に回復能力が上がっているとはいえ、これは危ない。

「う・・・上野さん、すいません、力になれなくて・・・」

弱弱しい声でそう言ってきた。

だが、周りを見渡してみると2人ほど倒れているサッカー部員がいる。

原因はどう考えても、五反田倒したからだろう。

それだけでも十分な成果だ。

「気にするな、それよりもよくやったな、ここまで。今は休め」

「・・・はい」

そう言い残し、五反田は気を失った。

「・・・渋谷、大塚さんが連絡役をしてくれている、連絡してくれるか?」

「あ、はい!」

「その後は五反田の介抱と、代々木の護衛だ」

「わ・・・分かりました!」

すると渋谷はケイタイを取り出し、連絡し出した。

「目黒、もうそろそろ雷雲の効果が切れる。それまで一緒に足止め、出来るか?」

「えぇ、もちろん」

すると目黒もIDをリストに差し込み、ログインした。

そして手には『ジャンクション』が握られている。

「上野君・・・」

「ん?何だ?」

「彼ら・・・強化されてるわ、気をつけて」

強化・・・あの野球部員達と同じか。

詳しいことは分からないが、とてつもなく強くなるということだけは分かる。

と、ここで雷雲の効果が切れ、サッカー部員達が姿を現した。

「生徒会特権により、お前らを拘束させてもらう!」

「覚悟してください」

そう宣言し、俺達は戦闘に入った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ラジオ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。